MENU
身体作りや栄養に関わる情報を発信/Achieve/町田・鶴川に展開するパーソナルジム ダイエット成功の科学‼根拠に基づいた効果的なアプローチ | 町田のパーソナルトレーニングジムならAchieve
BLOG
ブログ

ダイエット成功の科学‼根拠に基づいた効果的なアプローチ

こんにちは!

パーソナルジムachieve町田/鶴川店です^_^

ダイエットは多くの人にとって難しい課題ですが、科学的なアプローチをすることで成功する可能性が高まります。このブログではダイエットが成功するための科学的根拠に基づいたアプローチを詳しく解説します。

エネルギー摂取量の調整

筋トレをしながらダイエットを成功させるには、基本エネルギー収支の原則がございます。

【摂取カロリー】 〈  【消費カロリー】

上記の記号のように毎日収支がとれていれば、必ずダイエットできるように身体は応えてくれます。ダイエットを成功させるためには、カロリー摂取量を適切に調整することが必要です。自身の体力レベルや基礎代謝率を考慮し、摂取カロリーを計算することで、適切な摂取量を設定することができます。

筋トレと脂肪燃焼

筋トレは単なる筋肉の増加だけではなく、脂肪燃焼にも大きな影響を与えます。皆様もざっくりそのような認識ですよね(^^♪では、なぜ脂肪燃焼に効果的なのかお伝えさせていただきます。筋肉を使うことでエネルギーが消費されます。その結果として脂肪燃焼されるのですが、皆様が認知していない点としては、筋トレ後の「後燃焼効果」です。筋トレによって筋肉がダメージを受け、修復するためにエネルギーが必要とされます。そのため、筋トレ後の数時間から数日間にわたって基礎代謝が上昇し、脂肪燃焼が促進されます。

「後燃焼効果」として、継続的に筋トレしている方で、このようなご経験はございませんか?

☆筋トレ後、しばらく身体がポカポカしている

☆手足の冷えを感じなくなった

☆肩こり、背中のこりも和らいできた

☆汗をかきやすくなった、などなど、

これら全て「後燃焼効果」、代謝が上昇している意味を示しています。

冬こそ脂肪を燃焼させる‼ダイエット成功の秘訣

冬は寒い季節で多くの方が室内で過ごしがちです。冬は体を温めるために脂肪をため込んで太りやすい時期だと思っている方は多いです。しかし冬こそ脂肪を燃焼させる絶好のチャンスになります。

白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞

褐色脂肪細胞は最近注目を集めている体内の特別な細胞のことを言います。その特性から脂肪燃焼に効果的な細胞として注目されていますが、脂肪燃焼に与える影響について探ってみます。褐色脂肪細胞は体内のエネルギー代謝に重要な役割を果たしています。その活性化によって、体内の脂肪を燃焼し、エネルギーを生み出すことができます。その活性化によって、インスリン感受性の改善や血糖値の調整にも役立つとされています。

(脂肪細胞)には「白色脂肪細胞」(脂肪をため込む細胞)と「褐色脂肪細胞」(脂肪を燃焼させる細胞)と認識されると良いと思います。

寒い冬に人の体温が36度を保てているのも、この褐色脂肪細胞が脂肪を燃焼させて熱を作って体を温めてくれているからなんです^_^

この褐色脂肪細胞には、夏と比べて気温が下がる冬は熱を作り出す働きが強くなります。

その為、自然と代謝が上がり痩せやすい時期であると言えます☺️

脂肪と筋肉の重さの違い

脂肪は身体に蓄積されるエネルギーの蓄えであり、1グラムあたり約9キロカロリーのエネルギーを持ちます。筋肉は身体を支え、動かすための組織であり、1グラムあたり約4キロカロリーのエネルギーを消費します。脂肪と筋肉、同じ1kgグラムあたりでは、見た目として脂肪の方がとても大きいです。反対に筋肉が1kgあたり見た目も小さいため、身体に筋肉があればあるほど、引き締まったシルエットとして表現されます。女性で、筋肉がつくと腕や脚が太くなった、それらの大半は大きな誤解があると言えます。脂肪の下にそのまま筋肉がつき、脂肪量も変化がなければ、その分太くなる可能性はあるでしょう。ダイエット、ボディメイク、シェイプアップ等、様々な目的でも、筋肉をコツコツと作っていくことが重要です。

2024年こそダイエットしたい‼︎

そう思っている方も多いのではないでしょうか?良いスタートを切れていますか??ダイエットでお悩みな方はお気軽にお問い合わせくださいね(^^)/

今思ったその瞬間からダイエットを始めていきましょう!!💪

カウンセリング

LINE友だち登録で
初回パーソナル体験が50%OFF

5,500
矢印
2,750

パーソナル体験・ご相談はコチラから!